坐骨神経痛のそもそもの原因は、何でしょうか? 数ある原因の中でも最も多いといわれているのが、腰椎椎間板ヘルニアの症状の一つとして表れるというものです。 また、重たい物を持つことが多かったり、長時間同じ姿勢でいることが多いと発症しやすいでしょう。 さらに、標準体重をかなりオーバーしていて、足腰に負担をかけてしまっている人も注意が必要です。 坐骨神経は神経の中でもひときわ長く、お尻から足まで神経が通っています。 この神経のどこかの箇所が圧迫されると、鈍い痛みが走るのです。 この痛みがひどくなると、歩くことも困難になる他、立っていることすら辛いなど、症状が悪化してしまいます。 先ほど、椎間板ヘルニアの症状として表れるといいましたが、腰の痛みと同時に症状が出てしまうことも多く、最悪の場合には入院が必要となることもあるでしょう。 ちなみに、坐骨神経痛は坐骨神経が圧迫されるために起こる痛み・症状を指す言葉であって、坐骨神経痛という病気の名前ではありません。